sponsord link

変動金利のリスク 港区・渋谷区の物件情報

日銀はデフレ対策として新型オペで短期金利を
低めに誘導するようですが
そうなれば、金融機関の融資で変動金利型の
ローン金利は、また下がる可能性があります。

確かにこのような超低金利下では安い変動金利型の
ローンを利用しないと損をしたような気になりますが
「変動」ですので、将来は上がる可能性もあることを
しっかり理解しておかなくては危険です。

変動金利型ローンは、金利情勢以外でも
引き下げ措置がなくなった場合や
固定金利選択型で固定期間が終了したために
金利が上がることもあります。
このようなことも加味して返済計画を
シュミレーションしておかなくては
金利が上がると返済不能となるケースがあります。

変動金利型ローンを利用する場合には
多額の融資金額を借りないようにするなどの
リスクヘッジが必要です。

超低金利下で資金的に余裕のある方には
今までは手の届かなかった人気エリアの高級物件も
購入可能になったのではないでしょうか。

富裕層に人気の港区・渋谷区の不動産なども
購入可能なチャンスと言えます。
その港区・渋谷区の物件を専門的に取り上げる
メールマガジンとサイトがあります。

港区・渋谷区の物件を専門的に取り上げるメールマガジン
「港区・渋谷区の不動産売買・投資物件の最新情報!」です。

こちらのサイトもお勧めです。

港区や渋谷区の収益ビルや土地情報を厳選して
紹介している不動産サイト
「港区・渋谷区の不動産物件ならプレシャスライフ」です。

アパートローンの金利について

アパートローン比較の際には金利の面で
変動金利型固定金利型はどちらが有利か
迷われる方も多いと思います。


その時期の金利にもよりますが、現状のように低金利下では
固定金利型の方が有利と考えるのが一般的です。


金融機関の融資には、通常、変動金利型、全期間固定型
一定期間固定型があります。



●変動金利型

変動金利型の金利は、各金融機関ごとに決定する基準金利に連動します。
基準金利は短期プライムレートに連動し、さらに、日銀の政策金利に
連動します。
このことから、日銀が利上げしたり、利下げしたりすることによって
変動金利型アパートローン金利は変動します。
基準金利の見直しは、年二回行なわれ、4月と10月を見直し時期と
されています。



●固定金利型

融資を受ける時に決めた金利が全返済期間固定されます。



●一定期間固定型


一定期間固定型は、変動金利型に一定期間金利を
変動させないという特約をつけたものです。
一定期間終了後は変動金利型に移行しますが
再度、一定期間の金利を固定する特約を結ぶこともできます。


※内容は一般的なものですので、各金融機関により違いが
 ありますので詳細は各金融機関へご確認下さい。


変動金利型はリスクが高いと言われる理由は
半年ごとの金利見直しで、金利上昇リスク=返済負担の増加という
可能性があることです。


現状のような低金利下では将来的に金利上昇の可能性の方が大きいので
変動金利型で受けた融資は金利上昇時には
返済計画が大幅に変わってしまい大きなリスクになる可能性があります。
sponsord link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。