sponsord link

仙台銀行のアパートローン

不動産担保ローン

資金使途

住宅資金および消費資金


借入資格等

融資申込時年齢は満20歳以上満65歳未満
かつ完済時の年齢が満75歳6ヵ月未満
ただし、資金使途が賃貸物件である場合には
満82歳未満まで取扱いが可能
(82歳になる誕生日の前日)

原則として、勤続年数3年以上又は営業年数5年以上の方
団体信用生命保険に加入できること
東北総合信用保証(株)の保証が受けられること
※不動産業並びに賃貸業の専業者の方は対象外


融資限度額

1億円以内(10万円単位)


借入利率   
 
窓口で相談
(変動金利型・固定金利選択型(3年・5年))


融資期間

最長35年(1年単位)


返済方法

元利金均等返済・ボーナス併用可


担保

融資対象物件及びこれに付随する土地・建物に対し
東北総合信用保証(株)が第1順位の抵当権
根底当権を設定


連帯保証人

申込人の法定相続人1名以上を連帯保証人とする
担保提供者並びに所得合算者を連帯保証人とする
その他、保証会社の条件が付された場合は、連帯保証人を付ける


保証会社

東北総合信用保証(株)



詳細は仙台銀行のホームページでご確認下さい。

新生プロパティファイナンスのアパートローン

賃貸物件担保ローン


特徴

●最短1週間で融資可能
●短期のつなぎ資金から長期分割返済まで、幅広いニーズに対応
●法人代表者個人所有の賃貸物件を担保に、法人でも利用可能
●家族又は親族が所有の賃貸物件でも担保提供可能 
●担保対象は南関東・京阪神の不動産


融資金額

300万円〜5000万円
(5000万円超の方はご相談ください。)


融資期間    

原則1年〜25年


返済回数   
     
1回〜300回


融資利率       

年 5.00%〜8.00%


事務手数料       

融資金額の2.10%〜3.15%(但し、最低10.5万円)


実質年率       

15.00%以下

期限前償還手数料   

繰上げ償還元金に対し 0〜3.15%
但し、一部繰上げ返済手数料は 最低31,500円です。
遅延損害金  年 21.90%


返済方法        

元利均等払い/元金均等払い/期限一括
(但し、融資期間最長2年まで)


担保          

南関東・京阪神所在の不動産
(取扱い可能な担保エリアは、社内基準にて設定)
(保証人を必要とする場合があり)


必要経費        

収入印紙代、不動産担保設定登記費用、等



詳細は新生プロパティファイナンスのホームページでご確認下さい。

福井銀行のアパートローン

アパートローン(団体信用生命保険付保型)


融資条件

・つぎの条件を満たす個人

(1)お借入れ時の年齢が満20歳以上で70歳以下
 最終返済時の年齢が満81歳未満
(2)安定継続した税込年収が400万円以上
(3)原則として、建築用地を自己所有
( 親、配偶者等法定被相続人の所有地も可)
(4)当行の指定する団体信用生命保険にご加入できること
(5)福井信用保証サービス鰍フ保証が受けられること


資金使途

・アパート等賃貸住宅の新築・購入・増改築に伴う一切の設備資金
・他行アパートローンの肩代わり資金
・その他、そのお借入れにともなう諸費用


融資金額

<変動金利型> 100万円以上1億円以内(10万円単位)
<固定金利選択型> 500万円以上1億円以内(10万円単位)


融資期間

<変動金利型> 1 年以上30年以内(1年単位)
<固定金利選択型> 5年(特約期間)以上30年以内(1年単位)

(最長1年の据置期間を含む)


金利

金利の種類

<変動金利型>
・お借入れ時の当行所定の基準金利とします。
 お借入れ後の利率は4月1日・10月1日の基準金利を基準として
 年2回見直しを行い、それぞれ6月および12月の約定返済日の
 翌日から新利率を適用
・ただし、借入れ利率の変更にかかわらず毎月の返済額は5年間一定
 返済額は5年ごとに再計算した結果増額になる場合でも
 新たなご返済額はそれまでの毎月のご返済額の1.25倍以内とします。

<固定金利選択型>

・固定金利期間(固定金利の特約を設定する期間)を期間
 5年、10年から選択、期間中の適用利率は固定金利となる
・固定金利特約期間中は、原則、利率や金利方式の変更等
 お借入れの条件の変更不可能
・お借入れ利率は月1回決定 ただし、市場の金利動向によっては月中に
 変更の場合がある
・固定金利特約期間終了後のお借入れ利率は、固定金利期間終了時の
「固定金利期間ごとの基準金利」または「変動金利の基準金利」を基準として
 見直しを行い、固定金利期間終了日の翌日から新利率を適用
・固定金利特約期間終了後は原則として、変動金利型へ金利方式を変更
 再度固定金利の特約が可能


返済方法

・元利均等返済(毎回の返済額<元金+利息>を一定にする返済方法)
・「毎月返済」と「毎月返済とボーナス月増額返済(年2回)の併用」から選択
・ボーナス月増額返済に充てることができるのは、借入れ金額の40%以内
・借入れ利率見直しの都度、返済額を再計算


担保

・借入れ対象の土地・建物に福井信用保証サービス(株)を
 抵当権者とする第1順位の抵当権を設定登記
・抵当権設定登記費用は別途ご負担


火災保険

・お借入れ対象の建物には、お借入れ期間以上の長期火災保険
(保険会社および取扱代理店は任意 保険料一括払込みのものに限る)を
 付保し、当行はその付保について確認する


保証人

・原則不要です。(福井信用保証サービス(株)の保証を利用)

※ただし、担保提供者、収入合算者がいる場合
 および保証会社が必要と認めた場合は、保証会社に対する保証人が必要


詳細は福井銀行のホームページでご確認下さい。
sponsord link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。