sponsord link

アパートローンを比較する

不動産投資を成功させるか失敗になるかは
いかに有利な条件のアパートローンを選ぶかが
重要ポイントになります。

不動産投資を始める殆どの方がアパートローン
利用されると思いますので、まず不動産投資
各金融機関のアパートローン比較から
始まると言ってもよいでしょう。

アパートローンに対応している金融機関は
様々ですが主なものは下記のような金融機関になります。


●銀行系

 都市銀行・地方銀行・信用金庫など

●政府系金融機関系

 日本公庫・住宅金融支援機構・商工中金株式会社など 

●信用組合・協同組合系系

 JAなど

●ノンバンク系

 
●生命保険系


同じ不動産投資物件に対するアパートローンでも
各金融機関によって審査の基準や
融資可能金額・金利などの条件もかなり違ってきますので
アパートローン比較は大切です。


アパートローンを利用する場合は
必ず複数の金融機関に審査を依頼してみましょう。
条件がかなり違っているのが解ると思います。
その中で最も条件の良いアパートローンを選ぶことが
不動産投資の成功に繫がります。

アパートローンについて

アパートや不動産投資物件を建築・購入する場合
金融機関からの融資を受けるには
購入費用の30%前後は自己資金が必要とされるのが
一般的です。


しかし、これはあくまでも一般論であり
融資する金融機関や借主の借主の
年収・資産状況にもよります。


借主の資産状況やそれまでの実績などでは
フルローンが可能なこともあります。



アパートなどの不動産投資物件への
融資に積極的な金融機関とそうでない金融機関
ではかなり対応が違いますので複数の金融機関に
融資申し込みをしてアパートローン比較をすべきです。



また政府系の公的融資でも不動産投資アパート
購入するために融資も可能ですので
金利や税制面でも有利な公的融資の活用も
是非、選択肢にいれておくべきです。
sponsord link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。