sponsord link

徳島銀行のアパートローン

賃貸住宅ローン (保証会社 四国総合信用)



賃貸住宅・アパート・賃貸マンション・店舗または事務所付住宅の
新築及び増改築資金として利用可能。
ただし、投機的なものおよび借地上の物件には利用不可能




借入資格等 

●申込時満20才以上65才以下で、完済時満81才以下
●お申込いただく店舗の営業区域内で居住または勤務しているか
 賃貸用の住宅を取得していること
●所定の自己資金を有すること
 ※必要な自己資金額については窓口でお問い合わせ

●継続して安定した収入があること
 ※同居家族の年収を合算可能

●申込の店舗で公共料金の自動振替をしていること
●団体信用生命保険に加入できること
●保証会社の保証が受けられること



資金使途


●賃貸用住宅、アパート、賃貸マンション、店舗または
 事務所付賃貸用住宅の新築、増改築資金および
 賃貸用中古住宅購入資金、他行肩代り資金
 ※店舗または事務所併用住宅の場合、居住部分の床面積が総床面積の30%以上必要
 ※敷地の面積が40m2未満の住宅、建物の面積が25m2未満の住宅については利用不可


融資金額
 
●100万円以上1億円以内(10万円単位)


融資期間

●耐火構造:1年以上35年以内(1年単位)
●耐火構造以外の構造:1年以上30年以内(1年単位)
 ※他行肩代り資金および賃貸用中古住宅購入資金の場合は
  上記の融資期限(35年もしくは30年)から住宅新築後の経過年数を
  差し引いた後の期間の範囲内
 ※「肩代わり資金、中古住宅購入資金等」を除き、6ヶ月を限度として
  元金の返済を据え置可能


借入利率

●当行所定の利率
●変動金利型・固定・変動金利選択型より選択可能


返済方法

●元利均等毎月返済
●元利均等毎月返済とボ−ナス返済併用
 ※ボ−ナス返済併用の場合のボ−ナスによる返済額は
 融資金額の50%まで


保証人

●法定相続人の方(1名以上)に連帯保証人設定
 ※同居家族の方の年収を合算する場合は合算する家族の方に
  また担保提供者がある場合は提供者の方に連帯保証人設定


担保

●融資金により取得された土地及び建物に対し、
 四国総合信用(株)(保証会社)が第1順位で抵当権の設定
 (抵当権設定費用が必要となります。)
 ※担保評価額に対するご融資金額の限度は
  保証会社の規定に基づき当行が評価し担保評価額の60%以内


団体信用生命保険

●第二地銀協統一団体信用生命保険に加入
(保険料は当行が負担)


火災保険

●担保物件に対し火災保険に加入


※その他、手数料等が必要


詳細は徳島銀行のホームページでご確認下さい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125700633
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
sponsord link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。