sponsord link

アパートローンの金利について

アパートローン比較の際には金利の面で
変動金利型固定金利型はどちらが有利か
迷われる方も多いと思います。


その時期の金利にもよりますが、現状のように低金利下では
固定金利型の方が有利と考えるのが一般的です。


金融機関の融資には、通常、変動金利型、全期間固定型
一定期間固定型があります。



●変動金利型

変動金利型の金利は、各金融機関ごとに決定する基準金利に連動します。
基準金利は短期プライムレートに連動し、さらに、日銀の政策金利に
連動します。
このことから、日銀が利上げしたり、利下げしたりすることによって
変動金利型アパートローン金利は変動します。
基準金利の見直しは、年二回行なわれ、4月と10月を見直し時期と
されています。



●固定金利型

融資を受ける時に決めた金利が全返済期間固定されます。



●一定期間固定型


一定期間固定型は、変動金利型に一定期間金利を
変動させないという特約をつけたものです。
一定期間終了後は変動金利型に移行しますが
再度、一定期間の金利を固定する特約を結ぶこともできます。


※内容は一般的なものですので、各金融機関により違いが
 ありますので詳細は各金融機関へご確認下さい。


変動金利型はリスクが高いと言われる理由は
半年ごとの金利見直しで、金利上昇リスク=返済負担の増加という
可能性があることです。


現状のような低金利下では将来的に金利上昇の可能性の方が大きいので
変動金利型で受けた融資は金利上昇時には
返済計画が大幅に変わってしまい大きなリスクになる可能性があります。
【アパートローンの金利の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
sponsord link
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。